2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新・ぎゃるりー白井厩舎2015

新・ぎゃるりー白井厩舎2014

新・ぎゃるりー白井厩舎2013

links


無料ブログはココログ

« 1/28白井厩舎関連の記事 | トップページ | 2/1、2の出走馬 »

2014年1月30日 (木)

1/30白井厩舎関連の記事

見せる!「本物」レディ/シルクロードS~ニッカンスポーツ

<シルクロードS:追い切り>
 ポスト・カナロアは譲れない。京都日曜メーンのシルクロードS(G3、芝1200メートル、2月2日)に出走するレディオブオペラ(牝4、白井)が、栗東Bコースで抜群の動きを披露した。坂路かCウッド、あるいはポリトラックでの調教が主流の最近では珍しく、ダートコースでの追い切りだ。

 白井師 デビュー前に坂路ですごい時計を出した後、右肩を故障して新馬戦を取り消したことがあってね。そこから復帰後、函館のダートコースで調教したら良かったので、それからはずっとダートで追い切っているんやわ。

 締まったダートを気持ち良さそうに駆け抜けた。タイムは強めで6ハロン79秒6-11秒9。

 白井師 すごくいい動きだったよ。体が弱かった馬が、よくここまで来たと思う。ここで追い切って競馬に使っても、ソエがでなくなったしね。

 デビューから<3><1><2><1><1><1><1>。全戦逃げ切りか2番手からの競馬で、この4連勝のタイムはすべて1分7秒台。上がりも33秒台半ばと申し分のない内容だ。

 白井師 ハナにはこだわっていないけど、スピードの違いでハナに立ってしまうんよ。いつもレースで能力を出し切っている馬。ここで勝ったら本物と思う。

 絶対王者のロードカナロアが引退し、ハクサンムーンと並んで、彼女がその座に最も近い位置にいることは間違いない。


【シルクロードS】レディオブオペラ5連勝へ、余裕十分11秒9~スポーツニッポン

第19回シルクロードS」組では4連勝中のレディオブオペラがダートのBコースでの追い切り。単走、直線強めに追われて6F79秒6、ラスト11秒9をマークした。

 「締まった馬場で動きが良かった」と白井師のジャッジはあっさりしたものだったが、息子の克弥助手が調教で乗った荻野琢(レースは藤田)のコメントでフォロー。「気合をのせる意味で肩ムチ。余裕十分で気持ち良かったそうですよ」と感触を伝えた。

 納得顔の指揮官だがオペラの激しい気性にも言及。「カツヤ(克弥助手)がやられとるよ。蹴られた箇所(急所周辺の下腹部)が、もう少しズレてたら危なかった。きょうも乗せる時に尻っぱねしてた」と苦笑い。

 レースではそんな荒々しい面は出さず軽快に飛ばすスタイル。「自然体で走るから能書きを言う必要がないな」と同師。この馬が5連勝で一気にG1へ駆け上がる舞台装置は整った。


もう、『楽しみ』しかないですね゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

« 1/28白井厩舎関連の記事 | トップページ | 2/1、2の出走馬 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72750/59040628

この記事へのトラックバック一覧です: 1/30白井厩舎関連の記事:

« 1/28白井厩舎関連の記事 | トップページ | 2/1、2の出走馬 »

フォト

最近のトラックバック