2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新・ぎゃるりー白井厩舎2015

新・ぎゃるりー白井厩舎2014

新・ぎゃるりー白井厩舎2013

links


無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月26日 (木)

2/28、3/1の出走馬

2月28日
阪神11Rアーリントンカップ ケイアイテンジン 福永祐一騎手
小倉9R4歳上500万下 ドゥーエン 浜中俊騎手
3月1日
小倉 5R4歳上500万下 ホクセツエコー  △田中健騎手
小倉10R山国川特別 カワキタラプラタ 中舘英二騎手
小倉12R筑前特別 メイショウテッペイ 田中健騎手


他の競馬blogへはこちらから


2009年2月25日 (水)

2/25白井厩舎関連の記事

西から裏話 不気味もう1頭の砂出身~スポニチ

【東西ドキュメント 栗東24日】名将の言葉には味わいがある。朝一番、上岡は期待を胸に白井師のもとへ。ネタはアーリントンC出走のケイアイテンジンだ。ダート2連勝後、芝で重賞初挑戦。まずは手応えから。
 「芝でも悪くない」
 その根拠は?
 「悪いけど、体つきや雰囲気で分かんねん」
 さすがは過去にアグネスデジタル、メイショウボーラーという芝、ダート不問の名馬を育てた名伯楽。理路整然と根拠を語った。
 「血統の裏付けが第一。オレが見てきた中で一番(父の)アグネスデジタルに似てるんと違うか。走法、騎手の感触も条件になる」
 なるほど。話は続く。
 「分かりやすくいえば前走。芝からのスタートでモタつかなかった。スタート後3F34秒9は相当速い」
 確かに先週のフェブラリーS(35秒1)より速い。こちらが納得した形で取材終了。砂から来た新星はスーニだけではない。

【アーリントンC】ケイアイテンジン、芝もOK~デイリー
ダートで連勝を決めたケイアイテンジンは初芝、重賞初挑戦になる。白井師はメイショウボーラー、アグネスデジタルと芝、ダート兼用のG1馬を管理した。「ダートの千四百メートルは芝でのスタート。そこでもたつかずにスッと行けている。(父の)デジタルによく似ている体つきで芝もこなしてくれると思う。メンバーがそろうので大きなことは言えないが、どこまでやってくれるか」と期待する。


デジやボーラーを育てた白井先生が仰るなら間違いなし!と断言したくなってしまいます。レースが楽しみ(^-^)

他の競馬blogへはこちらから

2009年2月23日 (月)

2/23白井厩舎関連の記事

フェラーリピサ初の大舞台で健闘~スポニチ
フェラーリピサ、大健闘5着~デイリースポーツ

 ダートG1初挑戦で、フェラーリピサは5着に健闘した。重賞V3はならなかったが、好位で運ぶ正攻法での結果。顔面神経痛という奇病から立ち直り、今後へ明るい見通しを立てた。「うまく流れには乗れていたけど、前半ハミをかんでしまった分、思ったほどしまいは切れなかった」と岩田。それでもレコード決着の0秒4差に「十分に評価できる」と振り返った。激闘を経験したことを糧に、まだまだ強くなりそうだ。

G1初挑戦で、他の馬より外側を走って、よくがんばりましたで賞(^-^)


他の競馬blogへはこちらから

2009年2月22日 (日)

2/28、3/1の特別登録

アーリントンカップ/ケイアイテンジン
伊丹ステークス/ビッグポパイ
山国川特別/カワキタラプラタ メイショウテッペイ
筑前特別/メイショウテッペイ


他の競馬blogへはこちらから


2/21、22の競走結果

2月21日
東京3R3歳未勝利 ケイアイダイコク 岩田康誠騎手 1着
小倉6R4歳上500万下 マルブツセンター △田中健騎手 12着

2月22日
東京2R3歳未勝利 メイショウブンブク 岩田康誠騎手 2着
東京6R4歳上500万下 ボクノタイヨウ 岩田康誠騎手 1着
東京11RフェブラリーS フェラーリピサ 岩田 康誠騎手 5着
小倉5R4歳上500万下 マチカネハナアラシ △田中健騎手 9着

レース後のコメント~ラジオNIKKEI競馬実況webより
1着 ケイアイダイコク 白井寿昭調教師

「今日は距離が合っていたのでしょうが、湿った馬場がよかったのでしょうね。芝の方が合っているようです。芝だとハナに行くぐらい、行きっぷりが違う馬ですから。今度は芝を走らせます」

5着 フェラーリピサ(岩田騎手)
「道中ちょっとハミを噛んでしまって、それが最後に響きましたかね。それでもGIでこれだけのメンバーを相手にソコソコの競馬をしたんですから、次につながるでしょう」

今週は府中で2勝2着1回。そしてGⅠ初挑戦のフェラーリピサは勝ち馬から0.4秒差の5着に頑張りました。写真は明日以降随時アップしたいと思います。
お疲れ様でしたm(_ _)m

2009年2月19日 (木)

2/21、22の出走馬

2月21日
東京3R3歳未勝利 ケイアイダイコク 岩田康誠騎手
小倉6R4歳上500万下 マルブツセンター △田中健騎手

2月22日
東京2R3歳未勝利 メイショウブンブク 岩田康誠騎手
東京6R4歳上500万下 ボクノタイヨウ 岩田康誠騎手
東京11RフェブラリーS フェラーリピサ 岩田 康誠騎手
小倉5R4歳上500万下 マチカネハナアラシ △田中健騎手

2/19白井厩舎関連の記事

フェブラリーSに出走するフェラーリピサ関連の記事です。
ピサ素軽さ満点12秒5~サンスポ
はじける予感フェラーリピサ~スポニチ

オマケ!?
裏技披露!?白井師の底力~スポニチ
さすが、最強先生!!


他の競馬blogへはこちらから


2009年2月18日 (水)

2/18白井厩舎関連の記事

【フェブラリーS】栗東レポート~フェラーリピサ~ラジオNIKKEI競馬実況web
白井調教師のコメント

「根岸ステークスは、病気のこともありましたし、正直どうかなと思っていました。レースの週は、追い切りも充実していましたけど、半信半疑でした。でも結果を見たら、よくやったと思ったし、ビックリもしました。
病気の症状は若干残っていますが、様子もあまり変わらず、気配はいいように思います。先週は水曜日にやらず、日曜日に馬なりで追いました。馬も気合いが乗ってきました。
今朝は1本目を15-15程度、2本目はジョッキーが乗ってラスト重点。根岸ステークスの時と同じような追い切り内容で、問題はありません。
1600mくらいまでは許容範囲だと思います。ヒヤシンスステークスを勝っていますし、ユニコーンステークスの時は、落鉄や骨折がありながら2着。ただ、今回はGIですから、1600mが良いとは言っても、GI馬もいますからね。でも状態は良いですよ。
岩田騎手も、この馬には何度も乗ってくれています。ヴァーミリアンやカネヒキリと同じくらいの位置にいれば、いい結果がついてくると思います。
奇病を克服して、予想もしなかったフェブラリーステークスの出られることになりましたので、応援よろしくお願いします」


追い切り情報~ZAKZAK
ピサ東京ダートは得意/フェブラリーS~ニッカンスポーツ
フェラーリ勇気の力は100万馬力/フェブラリーS~スポニチ


他の競馬blogへはこちらから


2009年2月17日 (火)

2/17白井厩舎関連の記事

今日から中日スポーツに「ビッグサプライズ!!」というタイトルで白井先生の手記が掲載されます。ぜひご覧ください(^-^)

2009年2月16日 (月)

馬名登録

JRAホームページより
2月12日付

セイウンコイノウタ
牝 栗毛 2006年3月15日生 浦河産
父:アグネスデジタル 母:タケイチイチホース
母父:フジキセキ 母母:シヤダイビシヨツプ

がんばってくださいね(^-^)

他の競馬blogへはこちらから

2009年2月15日 (日)

2/21、22の特別登録

フェブラリーステークス/フェラーリピサ
白嶺ステークス/ビッグポパイ


他の競馬blogへはこちらから


2/14、15の競走結果

2月14日
東京10R銀蹄ステークス ビッグポパイ 内田 博幸騎手 12着
京都4R4歳上500万下 メイショウテッペイ 福永 祐一騎手 12着
京都7R4歳上500万下 ウインハンズダウン 岩田 康誠騎手 9着
小倉8R4歳上500万下 マイネルフリーデン 小牧 太騎手 9着

2月15日
小倉5R4歳上500万下 ホクセツエコー △荻野 琢真騎手 14着

2009年2月12日 (木)

2/14、15の出走馬

2月14日
東京10R銀蹄ステークス ビッグポパイ 内田 博幸騎手
京都4R4歳上500万下 メイショウテッペイ 福永 祐一騎手
京都7R4歳上500万下 ウインハンズダウン 岩田 康誠騎手
小倉8R4歳上500万下 マイネルフリーデン 小牧 太騎手

2月15日
小倉5R4歳上500万下 ホクセツエコー △荻野 琢真騎手

2009年2月 8日 (日)

2/14、15の特別登録

2月14日
バレンタインステークス/ライブコンサート
銀蹄ステークス/ビッグポパイ


2月22日
フェブラリーステークス/フェラーリピサ


他の競馬blogへはこちらから


2/7、8の競走結果

2月7日
東京10R金蹄ステークス メイショウゲンスイ 内田博幸騎手 4着
京都1R3歳未勝利 メイショウブンブク 四位洋文騎手 5着
小倉11R小倉大賞典 ライブコンサート 佐藤哲三騎手 14着

2月8日
京都7R 3歳500万下 ケイアイテンジン 福永祐一騎手 1着


ケイアイテンジンがデビュー2連勝を飾りました。おめでとうございます(^-^)

レース後のコメント~ラジオNIKKEI競馬実況webより

1着 ケイアイテンジン(福永騎手)
「最後ももうひと踏ん張りが利いてくれましたね。ただ、まだ調教のような走りが出来ていないし、力を出し切っていません。まだまだこれからよくなっていく馬ですよ」

2009年2月 5日 (木)

2/7、8の出走馬

2月7日
東京10R金蹄ステークス メイショウゲンスイ 内田博幸騎手
京都1R3歳未勝利 メイショウブンブク 四位洋文騎手
小倉11R小倉大賞典 ライブコンサート 佐藤哲三騎手

2月8日
京都7R 3歳500万下 ケイアイテンジン 福永祐一騎手

登録抹消

JRAホームページより
2月5日付

ケイアイウミノカミ
牡 3歳 栗毛
父:Malibu Moon 母:Affirm the Gold(母父:Golden Act)
通算成績:4戦1勝

テレビの外側から飛んできた(!?)、デビュー戦での鮮やかな差し切り勝ちが忘れられません。
お疲れ様でしたm(_ _)m

2009年2月 2日 (月)

2/2白井厩舎関連の記事

【根岸S】跳ね馬復活!フェラーリ快勝~デイリースポーツオンライン
ピサ顔神経マヒ乗り越え重賞連勝/根岸S~nikkansports.com
奇病乗り越え…再生フェラーリピサ!!/根岸S~スポニチ
【根岸S】久々でも速かった!ピサ重賞連勝~サンスポ
フェラーリピサ、フェブラリーSへGO!~ZAKZAK

各紙にフェラーリピサの記事が写真入りで載っています♪
馬も顔面神経痛(マヒ)を発症するという事自体に驚きましたが、その事と競馬に出られない事の関係がよくわからない……と思っていました。
ところが、目の動きも普段と違ったり(という事は視界に不安?)、自力で飼葉が食べられず、運動もできないから筋肉が落ちたり等、関係大有りなのですね。
そんな状態から立て直したスタッフさん、レコードに近いタイムで走りきったフェラーリピサ、本当におめでとうございます(^-^)

他の競馬blogへはこちらから

2009年2月 1日 (日)

2/7、8の特別登録

2月7日
金蹄ステークス/メイショウゲンスイ
小倉大賞典/ライブコンサート


他の競馬blogへはこちらから


1/31、2/1の競走結果

1月31日
【東京】
7R4歳上500万下 ドゥーエン O.ペリエ騎手 6着
8R4歳上1000万下 メイショウゲンスイ 内田博幸騎手 1着
【京都】
11R北山ステークス ピサノアルハンブラ 藤岡佑介騎手 11着

2月1日
【東京】
1R3歳未勝利 ケイアイダイコク 岩田康誠騎手 3着
8R4歳上500万下 メイショウテッペイ 福永祐一騎手 9着
10R節分ステークス ライブコンサート 岩田康誠騎手 1着
11R根岸ステークス フェラーリピサ 岩田康誠騎手 1着
【京都】
3R3歳未勝利 パンドル △田中健騎手 11着

今週は初勝利から一気に3勝を上げて猛打賞(あるいはハットトリック)
そして、顔面神経病を発症して休養していたフェラーリピサが復帰戦の根岸ステークスを征し、厩舎の15年連続重賞勝利記録を達成するという、なんともドラマティックな週となりました。
おめでとうございます(^-^)

Imgp5736
【土曜】東京8Rメイショウゲンスイ

Imgp5794
【日曜】東京10Rライブコンサート

Imgp5808
【日曜】東京11Rフェラーリピサ


レース後のコメント~ラジオNIKKEI競馬実況webより
【節分S】(東京)~ライブコンサート G前抜ける

1着 ライブコンサート(白井師)
「去勢してから本当に馬が落ち着いてコンスタントに力を発揮するようになりました。レース振りが断然よくなっていますね。今日あたりも内でジッとしていて本当にいい脚を使ってくれました。馬場も苦にしていないようでしたね」

【根岸S(GIII)】(東京)~休養明けフェラーリピサ 重賞連勝

1着 フェラーリピサ(岩田騎手)
「スタートがうまく決まりました。そのまま出して行ったが、向正面では少し掛かってしまいました。でも立て直して、勝負どころでの手応えは抜群、よく伸びてくれた。これから先もいい結果を残して欲しい」

(白井師)
「昨年のJCダートを目標にしていたんですが、顔面神経病を発症して右半面がほとんど動かない状態になりました。目の動きも普段と違ってしまったし、飼い葉などボロボロこぼして咀嚼出来なくなってしまいました。体重も減るし、馬房の中に入れっぱなしですから筋肉も落ちてしまって、立て直しに時間が掛かってしまいました。必死でしたね。まあ、稽古も順調に積めて、ジョッキーからも感触のよさを聞いていたんですが、それでも内面的な問題も含めて半信半疑でしたよ。今日のレース振りなら後遺症は心配ないと思うんですが…。これで胸を張ってフェブラリーSに行けるでしょう」

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

フォト

最近のトラックバック